So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

売却のタイミング [経営管理]

売却のタイミング.jpg

経営者がM&Aを決断するタイミングというのは、M&Aが成功するかどうかという点において極めて重要な要素となります。業績悪化で赤字続き、債務超過解消の見込みも立たない、というような最悪の事態になってから、始めて売却について考えるのでは、良い条件を得ることができないばかりか、買い手がつかずに廃業するしかないという結果になってしまいます。

ベストなタイミングに絶対的なものはありませんが、一定の利益を稼いでいるという、いわゆる収益性があるうちでないと買い手がつきにくく、経営が傾いてからでは遅すぎるという事が言えるでしょう。また、M&Aが成約するまでは、3カ月から長い時では1年程度かかる場合もあることから、早めの判断がM&Aの成功を左右するといっても過言ではありません。収益性の高い魅力的な事業には多くの買い手が集まりますが、収益性のなくなった事業はその逆となり、最悪、出口の機会を逃すという災難に襲われてしまいます。

経営不振の赤字企業のM&Aが成功する確率は低いと言えますが、買い手が手に入れにくい何か特別なものを持っている場合、例えばブランド力、抜群の立地条件、優良な取引先、権利やコンテンツ等を保有する場合には、売り手と買い手が一緒になる事で、シナジーによる収益への貢献が見込めたりと、買い手が見つかりM&Aが成約する可能性が残されています。

いずれにしても、廃業による大きな経済損失を招かない為にも、経営者が早い段階からM&Aに対する知識を深める事は、大変重要な事と言えるでしょう。



売却価額の算出方法 [経営管理]

●よく使われる売却価額の算出方法

M&Aにおいて利用される事業価値の算出方法にはいくつかの種類があります。

原則としては対象会社が、将来、いくらビジネスで稼ぐかどうかを見積もり、そこで算定された将来キャッシュ・フローを現在価値に割引計算する「DCF法(Discounted cash flow method、収益還元価値法。以下「DCF法」)が理論的であるため、利用されることが多いと言えるでしょう。

たしかにDCF法は理論的ではありますが、将来対象会社が稼ぐであろう将来キャッシュ・フローを正確に見積もることは容易ではなく、実際のところ上場会社クラスのかなり予算実績管理や中期計画などを作り込んでいるようなケースではないと、M&Aの取引価額決定に利用できるような見積もりをすることができないケースが多いといえます。

したがって、DCF法を実質採用できない非上場の中小企業においては、決算書上の純資産額にのれん代(営業利益又は経常利益の3~5ヶ年)を加算して算定する「純資産額+のれん」で算出することも多いといえます。DCF法と比較して客観的な数値が算定しやすいというメリットがあります。

ただし、いずれの算出方法においても、どちらが正しいか否かということではなく、業態や市場環境によって異なる為、当事者間で納得のいく形で最終的な価額を決定します。



M&Aの種類 [経営管理]

「M&A」は売り手の出口戦略として有効な手段であり、また買い手にとっては企業の成長を加速させることから、各業界から高い注目を浴びています。

M&Aは提携までを含めた意味合いを持っており、売り手と買い手の双方がWin-Winの関係になるM&Aは主に下記の4種類になります。

●株式譲渡
中小企業でよく用いられ、様々な事例に活用できる最もポピュラーなな手法です。売り手企業が、買い手企業に対して株式と共に経営権を譲渡するのが一般的です。この場合、株主と社長が交代となり、企業自体は存続して営業することができます。

●新株引受
特定の第三者に新株を割り当てて発行し、株式譲渡に近い効果が得られる第三者割当増資です。これは、支配権獲得を目的としていない資本提携の場合に多く活用される手法です。その他には、一定の条件によって新規発行される株式を買い付けする権利を行使する手法もあります。

●事業譲渡
一部、または全部の事業を譲渡する手法です。事業そのものだけではなく、土地や建物といった有形資産や、売掛金・在庫などの流動資産、営業権・人材・ノウハウなどの無形資産も選んで譲渡の対象とすることができます。このとき売り手企業は、他の事業を自社に残したままで存続する場合もあります。

●合併
複数の企業が、ひとつの企業になることを合併といい、二種類の合併手法があります。まず、同業種間の企業間で合併し、一方の企業が消滅または解散する形態を吸収合併といいます。もう一方の新設合併は、解散する複数の会社がその一切の権利義務を新設会社に継承し、解散した複数の会社の株主を新たな株主とする手法です。



M&Aとは [経営管理]

M&A(エムアンドエー)は英語のMergers(合併)and Acquisitions(買収)の略です。
読み方は、マージャーズ・アンド・アクイジションズとなります。

つまりM&Aとは、複数の企業を一つの企業に統合したり(合併)、ある企業が他の企業の株式や事業を買い取ったりする事(買収)をいいます。

M&Aは、自社に不足している経営資源(ヒト、モノ、カネ、技術、情報等)をおぎない、事業の拡大や再構築を行うための経営戦略のひとつです。

M&Aには様々な手法があります。また、一般的には企業の合併や買収だけでなく、様々な企業提携がM&Aと呼ばれる事があります。

M&A(買収・合併)は、経営資源を収益部門や戦略部門に集中させる企業戦略推進のための一手段として定着し、非効率的な事業を第三者へ譲渡もしくは撤退する企業様が増えております。また、事業拡大の加速化や、後継者問題の解決に向けた有効な手段としても、M&Aが頻繁に活用されております。

株式交換や株式移転の制度や会社分割等の法的整備も整い、純粋持ち株会社も実現し、新会社法により 「M&A」 という手法をより活用しやすい環境が整備されております。

中小・中堅企業にとっても「M&A」は非常に重要な1つの経営戦略になっておりま、各企業の経営戦略を実現する手段の1つとして、M&Aが有効な手段として認知されてきました。

M&Aを成功させるためには十分な事前準備と、M&A成立後の統合プロセスが重要ですので、M&Aをご検討されている方は専門家にご相談してみてはいかがですか。



タグ:M&A

MAS監査とは [経営管理]

MAS監査のMASとは(Management Advisary Service)の略です。

経営計画で「ビジョンの明確化と具体化を実現」、目標管理で「起業体質の強化を実現」を目的とし、会社の経営計画作成のサポートと財務面でのアドバイスをしてくれる、主に税理士が行っているマネジメントサービス、マネジメント手法です。

1) PLAN(計画)先見経営

●中期5カ年計画の策定
社長が明確なビジョンを示します。
自社の強みと課題を整理した上で、経営理念・経営目標を踏まえ今後どの分野で勝負するか(事業ドメイン)を定め、3~5年後の行動計画(戦略)と数値計画を決定します。

2) DO(実行)

●明確なビジョンと方向性をもとに目標数値と納期を目指し実行します。

3) SEE(評価)

●予実管理
計画と実績のズレを毎月確認することができます。

●経営計画会議
予実管理をもとに経営幹部により前月の結果を検証し、問題を抽出していきます。
方向性や目標の修正を行い、当月以降の改善につなげていきます。

MAS監査とは、上記のサイクルを繰り返すことにより、将来予測できる経営危機を回避する一方、ビジネスチャンスを逃さずつかみ、企業成長の実現をサポートしていく管理サービスです。

MAS監査とは、業績悪化を予測し、それを回避する管理サポートではなく、現在業績が良い会社も、そのまま持続し成長していくために現状を把握し正しい方向性を随時検証することができるマネジメント手法です。

中小・中堅企業では、社長の代わりにこうした経営計画を立案できる人材も少ないのが現状ですが、MAS監査サービスでは、そんな社長の経営管理の一員として、企業文化や企業風土を踏まえた計画作成と実行支援を行ってくれます。

MAS監査サービス(Management Advisary Service)を通じて、企業の発展に不可欠な先見経営、先行管理をサポートしてくれますので、ご興味のある方は専門家にご相談してみてはいかがですか。



前の5件 | -