So-net無料ブログ作成

司法書士の仕事とは [経営管理]

司法書士の仕事
①相続登記
②遺言書の作成
③相続放棄、遺言執行者、その他相続にまつわる諸手続
④不動産登記
⑤特別代理人・財産管理人の選任等
⑥債務整理・過払金請求
⑦訴訟代理・裁判外和解・裁判所提出書類作成等
⑧成年後見制度
⑨会社・各種法人の設立、など

会社・法人登記 や 企業法務
こんな時は司法書士にご相談されてみてはいかがですか?
●株式会社などの会社や医療法人などの各種法人を作るとき
●取締役・監査役の追加、再任、辞任、死亡など、役員に変更があるとき
●出資を募り資本金を増加するとき、または減少するとき
●事業目的を追加するとき、または変更するとき
●会社名を変えるとき
●会社の本店(住所)を移すとき
●会社を合併するとき、または会社組織を変更するとき
●事業を廃止して、会社を解散するとき、など

登記申請は司法書士・弁護士にしかできない業務です。 会社設立後の企業法務に関しては(企業顧問契約など) トータル的にサポートしてくれる専門家を探すと良いでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0