So-net無料ブログ作成

弁護士の仕事とは [経営管理]

弁護士の仕事
弁護士は、一般の法律事務を行うことを職務としていますが、その内容は多岐多様に渡ります。まず、身近なところでは「民事事件・家事事件の代理人」、「破産事件の管財人」「刑事事件の弁護人」「少年事件の付添人」「以上の事件に掛かる法律相談」ですが、法律の専門家として、官公庁の委嘱を受けて各種委員会等の委員の仕事があります。

①訴訟事件
最も一般的な弁護士の職務で、当事者間に争いがあり裁判所が関係する職務です。民事では、そのほとんどが金銭が絡んできます。お金の貸し借りで有ったり、不動産等の売買に絡むトラブルで有ったり、交通事故の損害賠償、離婚に伴う慰謝料請求等です。任意の話し合いで解決が出来なかった時に、弁護士を代理人として訴訟提起を依頼することになります。刑事事件の場合も該当しますが、刑事事件の場合は、代理人としてではなく弁護人として被告人の弁護を行います。

②非訟事件
非訟事件は、法人の解散、整理・清算などの手続きを法律に沿って進めるもので訴訟事件の様に当事者が争って問題の解決を図る、というものではありません。商法関係以外にも非訟事件は存在しますが、訴訟の様に争いが有って勝ち負けを確定するのではなく、裁判所が後見的に介入して事件の処理を行うものです。

③行政事件
行政署の決定や処分に対して、意義の申立てや再審査の請求を行う手続きのことです。お上の強権力により被害を受けた場合や、受ける恐れのある時に弁護士に依頼することが出来ます。

④法律顧問
所謂、顧問弁護士です。顧問の内容は様々で単に名前だけ貸している様な場合から、契約書の立案・検文、トラブル処理の相談、訴訟になった場合の代理人の仕事まで幅広い契約内容になっています。

以下のような問題や、ちょっと気になることがある場合は、弁護士(顧問弁護士)に相談してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0