So-net無料ブログ作成
検索選択

社労士の仕事とは [経営管理]

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士とは、労働社会保険の法令に精通し、労務管理その他、労働社会保険にかんする指導を行う国家資格者です。

企業経営に欠かせない「人」「物」「お金」のうち、「人」について、経営者の皆様の身近なパートナーとして、コンサルティングや、事務手続きの代行者としてフルサポート。職場の活性化、生産性の向上、企業業績の躍進をお手伝いしてくれます。

①人事労務管理のコンサルティング
●就業規則の作成・変更
●雇用契約の作成
●賃金や労働時間等、労働条件に関する相談
●高齢者や外国人労働者の雇用管理に関する相談
●社員教育に関する相談
●社会問題にもなっている社員のメンタルヘルス、労働者の安全管理、健康の保持増進確保等に関する相談
●労働基準監督署や年金事務所等からの指導への対応

②労働保険・社会保険・助成金受給の事務手続きを代行
●労働社会保険の適用
●労働保険(労災・雇用)の年度更新
●社会保険(健保・年金)の算定基礎届
●各企業に適した助成金の提案と、受給申請の代行
●労災・雇用保険・健康保険
●年金保険等の給付の申請代行
●賃金計算・賃金台帳の作成

③年金相談
●経営者や従業員さんの年金の加入期間、受給資格についてのご相談に応じて分かりやすくご説明
●老齢年金、障害年金、遺族年金など、年金の請求について、依頼主に代わって、書類作成、提出等の手続き
特に障害年金については、業務上外を問わず、請求して需給できるケースがあるにも関わらず、請求しないケースも多いため、1度 専門家にご相談することをオススメします。

④優秀な人材の確保と育成
企業を成長させるのは、経営者と優秀な管理職、そしてこれらを支える優秀な人材である社員です。社労士は「人材」を人財にする「人財経営」の専門家として優秀な人材の採用から、育成に関するコンサルティングを業務を行っております。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0