So-net無料ブログ作成
検索選択

MAS監査とは [経営管理]

MAS監査のMASとは(Management Advisary Service)の略です。

経営計画で「ビジョンの明確化と具体化を実現」、目標管理で「起業体質の強化を実現」を目的とし、会社の経営計画作成のサポートと財務面でのアドバイスをしてくれる、主に税理士が行っているマネジメントサービス、マネジメント手法です。

1) PLAN(計画)先見経営

●中期5カ年計画の策定
社長が明確なビジョンを示します。
自社の強みと課題を整理した上で、経営理念・経営目標を踏まえ今後どの分野で勝負するか(事業ドメイン)を定め、3~5年後の行動計画(戦略)と数値計画を決定します。

2) DO(実行)

●明確なビジョンと方向性をもとに目標数値と納期を目指し実行します。

3) SEE(評価)

●予実管理
計画と実績のズレを毎月確認することができます。

●経営計画会議
予実管理をもとに経営幹部により前月の結果を検証し、問題を抽出していきます。
方向性や目標の修正を行い、当月以降の改善につなげていきます。

MAS監査とは、上記のサイクルを繰り返すことにより、将来予測できる経営危機を回避する一方、ビジネスチャンスを逃さずつかみ、企業成長の実現をサポートしていく管理サービスです。

MAS監査とは、業績悪化を予測し、それを回避する管理サポートではなく、現在業績が良い会社も、そのまま持続し成長していくために現状を把握し正しい方向性を随時検証することができるマネジメント手法です。

中小・中堅企業では、社長の代わりにこうした経営計画を立案できる人材も少ないのが現状ですが、MAS監査サービスでは、そんな社長の経営管理の一員として、企業文化や企業風土を踏まえた計画作成と実行支援を行ってくれます。

MAS監査サービス(Management Advisary Service)を通じて、企業の発展に不可欠な先見経営、先行管理をサポートしてくれますので、ご興味のある方は専門家にご相談してみてはいかがですか。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。