So-net無料ブログ作成

M&Aの種類 [経営管理]

「M&A」は売り手の出口戦略として有効な手段であり、また買い手にとっては企業の成長を加速させることから、各業界から高い注目を浴びています。

M&Aは提携までを含めた意味合いを持っており、売り手と買い手の双方がWin-Winの関係になるM&Aは主に下記の4種類になります。

●株式譲渡
中小企業でよく用いられ、様々な事例に活用できる最もポピュラーなな手法です。売り手企業が、買い手企業に対して株式と共に経営権を譲渡するのが一般的です。この場合、株主と社長が交代となり、企業自体は存続して営業することができます。

●新株引受
特定の第三者に新株を割り当てて発行し、株式譲渡に近い効果が得られる第三者割当増資です。これは、支配権獲得を目的としていない資本提携の場合に多く活用される手法です。その他には、一定の条件によって新規発行される株式を買い付けする権利を行使する手法もあります。

●事業譲渡
一部、または全部の事業を譲渡する手法です。事業そのものだけではなく、土地や建物といった有形資産や、売掛金・在庫などの流動資産、営業権・人材・ノウハウなどの無形資産も選んで譲渡の対象とすることができます。このとき売り手企業は、他の事業を自社に残したままで存続する場合もあります。

●合併
複数の企業が、ひとつの企業になることを合併といい、二種類の合併手法があります。まず、同業種間の企業間で合併し、一方の企業が消滅または解散する形態を吸収合併といいます。もう一方の新設合併は、解散する複数の会社がその一切の権利義務を新設会社に継承し、解散した複数の会社の株主を新たな株主とする手法です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0